関節が痛いと感じた時の原因の一つは…


足首の外側の痛み等、関節が痛いと感じる時の原因の一つに、骨と骨との間でクッション機能を果たしている軟骨の減少があります。
軟骨というのは、加齢や体重による負荷等によってすり減っていくもので、その量が減れば、骨と骨との間のクッション機能が衰えていく事になります。

 

それまであったクッション機能がなくなると、少し動かしただけでも骨やその周辺に大きな負荷がかかり、痛いと感じてしまう事になります。
ただ、すり減ってしまった軟骨は元には戻らないというイメージを持つ人も多いでしょう。
確かに、何も対策をせずにそのまま放置をしていたのでは、すり減っていく一方になってしまいます。

 

ですが、軟骨を作る成分のひとつ、プロテオグリカンを増やしていくようにすれば、クッション機能を復活させていく事が出来ます。
若い頃と変わらないだけのクッション機能を取り戻すという事は簡単ではありませんが、出来る対策をするだけでも、足首の外側の痛み等、関節痛は緩和していく事になります。
プロテオグリカンを増やしたいと考えたら、サプリメントで摂取をしていく方法や痛いと感じる部分の血流を改善していく方法を考えておく事がおすすめです。
サプリメントの選び方とかわからない…という方は、「プロテオグリカン サプリ ランキング」と検索するとおすすめのプロテオグリカングリカンのサプリメントがランキングで見れるサイトがたくさんありますので参考にされるといいかと思います。

対策をする事で増やす事が出来る成分とは?


足首の痛みを緩和したいと考えた時に、注目をしておきたい成分がプロテオグリカンです。
高い保水力を誇る成分で、少し前まで、とても高価な成分でしたが、現在は手頃な価格で利用可能な成分となり、サプリメントや化粧品等にも使われ、注目を集めています。

 

サプリメントであれば、いつでも手軽に摂取可能で、足首の状態が気になれば、すぐに始める事が可能となります。
それ以外にも、プロテオグリカンというのは、血流を改善すれば増える事になります。

 

血流を改善させたいと考えた場合、痛いと感じる部分を動かす事が重要になってきます。
足首や膝の場合、歩く習慣をつけておくだけでも血流が改善する事になります。
痛いと感じる場合、歩く事に抵抗を感じる人もいるでしょう。

 

ですが、歩けそうだと感じる時には、歩いて関節を動かすようにしておくと、関節部分の血流が改善し、それによりプロテオグリカンの量も増えていく事になります。
量が少しでも増え、クッション機能が改善するだけでも痛みは大きく緩和される事になります。

 

関節部分の軟骨がすり減ってきた時、そのままにしていても、その状態は改善しません。
ですから、気になるのであれば、出来る対策をしておく事がおすすめです。