プロテオグリカンは炎症や関節痛治療に効果あり


最近注目されているプロテオグリカンですが、関節痛や炎症などに効果があるといわれています。
関節痛に対する効果について、プロテオグリカンがヒアルロン酸結合をもっていることから衝撃を吸収することが可能です。

 

関節痛の代表である変形性関節症は、
関節の軟骨がすり減ることにより骨と骨が直接ぶつかることにより痛みが生じるという病気です。

 

このような痛みに対して、軟骨のもととなる細胞を増殖させたり、細胞の成長を促したりといった効果があるため、関節痛に効果があるといわれています。
また炎症に対する効果についてはプロテオグリカンがサイトカインの働きを促進する働きを持っていることから、効果が期待されています。

 

サイトカインというのは細胞から分泌されるたんぱく質のことですが、
炎症を抑える効果を持っていることが研究で判明しているため、これが活発に働くことによって、大腸炎などの病気を予防することができます。

 

今後も様々な治療法に使用されることが期待されています。