プロテオグリカンは関節痛の痛みを改善できます


関節痛の代表歴な症例は変形性関節症という、軟骨がすり減ることにより骨と骨がぶつかってしまうことによって発生する痛みや炎症のことを指しますが、プロテオグリカンはこのような痛みを改善させる効果が期待されています。
この成分の中には多数のグリコサミノグリカンという糖が含まれているため、水とよく結合することによって水分を保持することができます。

 

さらにコアタンパク質の中には、分子中にヒアルロン酸結合をもっているため保水力と衝撃を吸収する力も持っています。
この成分の持つこれらの力が、関節痛を和らげるために役立ちます。

 

プロテオグリカンは軟骨の中に多く含まれている成分で、その高い保水力と衝撃吸収力から骨を守っていますが、これが不足することで関節痛の痛みが生じてきます。
そうなる前にサプリメント等でプロテオグリカンを摂取すれば、これが軟骨を形成する細胞を作り出し成長を促進させるため、軟骨がすり減る頻度を下げることになり、関節痛が改善されることになります。

 

さらにこの成分には美容効果や抗炎症作用も見込むことができるため、現在着々と研究がすすめられています。