プロテオグリカンならコラーゲンの増殖と関節痛治療が同時に可能


保水力とコラーゲンの生成促進機能があるために、美肌のための化粧品成分という期待が高まってきているプロテオグリカンですが、
関節痛に対する効果もあるためこちらの側面でも研究がすすめられています。

 

プロテオグリカンの内部にはグリコサミノグリカンと呼ばれる糖が多数含まれているため、
水分と結合し高い保水力を持っているのど同時に、分子中にヒアルロン酸結合を有しているため保湿力と衝撃吸収力を持っています。
これらの要素が関節の骨と骨がぶつかることによる関節痛を和らげているのです。

 

また関節には骨と骨がぶつかることを防ぐ軟骨という部分があるのですが、この軟骨には水分が70パーセント含まれており残りの30パーセントはU型コラーゲンとプロテオグリカンとなっています。
もともと軟骨の中にある成分ですので、不安を抱かずに摂取することができますし、
この成分には軟骨のもととなる軟骨前駆細胞を生み出し、さらに成長を促進させることができるため、軟骨がすり減るのを抑制することができるのです。